« 【忠清南道 ①】 端山龍賢里麿崖如来三尊像 | トップページ | 【忠清南道 ③】礼山サグァワイン 絶品りんごワインの試飲を楽しむ »

【忠清南道 ②】現存する唯一の百済寺院 修徳寺

001
 
 
柔らかな微笑みの端山龍賢里磨崖如来三尊像を後にし、
向かったのは隣の礼山(イェサン)郡へ。
 
 
 
0025 
 
 
バスで20分くらいだったかな。
 
現存する唯一の百済寺院 修徳寺(ソドクサ)
 
 
 
参道は土産物のお店などがズラリ。
 
外国からだけでなく韓国全土からも訪れる人が多いそう。
 
 
 
0026
 
 
お店を覗きながら歩いて行くと門が見えてきました!
 
 
0027
 
 
この門をくぐり解説士の方からお寺全体の説明を受けます。
 
韓国最古の木造建築とされる大雄殿には4つの門をくぐっていくそうです。
 
 
0028
 
 
 
う、また登山。。。と、焦りましたが大丈夫。
 
地図でみるほど長い距離ではありませんでした。笑。
 
 
 
まずは最初の門
 
 
003
 
 
徳崇山修徳寺(トクスンサン ソドクサ)
 
徳崇山の南側に位置するそうです。
 
 
2番目の門へ。
 
 
004
 
 
ここは日本で言うところの仁王門。
 
 
005
 
006
 
 
なんだろ。
 
三尊像もですが、百済時代の作品は恐い顔をしていても
どこか馴染みやすいお顔だと感じるのです。
 
 
 
次は四天王門です。 
 
 
009
 
 
こちらには四天王が。
 
この四天王は東西南北の守護神。
 
 
0013
 
0011
 
 
心にやましいことがある人は恐くみえるそうです。
 
ワタシはそうじゃなかったよー。笑。
 
 
 
そして最後の門。
 
 
0014
 
 
こちらの地下にある博物館にも寄ったのですが撮影NG。
 
「世界一花」という、世界は一つの花のよう。という有名な書がありました。
 
 
 
 
そして大雄殿前に!
 
 
0017
 
 
国宝第49号の大雄殿は韓国最古の木造建築とされ中には
釈迦・阿弥陀・薬師三尊仏が祀られています。
 
ここも中からは撮影NGなので外から見えるお姿を。
 
 
0021
 
 
 
残念ながらワタシ達は時間の関係でここまで。
 
この大雄殿の奥(上)にはお坊さん達が修行されているところがあるそうです。
 
この大雄殿前からも眼下に見える景色は素晴らしかったのですが上に登るとそれはそれは絶景だそう。
 
でも傾斜が急で這う感じというウワサも。
 
次は鍛えてやってこよう^^
 
 
0020
 
 
大雄殿の裏手にお祈りの場があるのですが
 
ぐるりと見渡すと小さな仏様が鎮座されています。
 
是非、探して下さいねー。
 
ヒントは屋根^^
 
 
0019
 
 
本当に願いを聞いてくれるそうです。
 
解説士さんも叶ったそう^^
 
 
 
 
0022
 
 
 
礼山郡徳山面修徳寺アンキル79
 
 
 
 
 
 

|
|

« 【忠清南道 ①】 端山龍賢里麿崖如来三尊像 | トップページ | 【忠清南道 ③】礼山サグァワイン 絶品りんごワインの試飲を楽しむ »

2017 忠清南道FAMツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527866/65593879

この記事へのトラックバック一覧です: 【忠清南道 ②】現存する唯一の百済寺院 修徳寺:

« 【忠清南道 ①】 端山龍賢里麿崖如来三尊像 | トップページ | 【忠清南道 ③】礼山サグァワイン 絶品りんごワインの試飲を楽しむ »