« 慶尚北道FAMツアー⑧ 安東駅に立ち寄って | トップページ | 慶尚北道FAMツアー⑩ 河回村(ハフェハウル)を歩く(2) »

慶尚北道FAMツアー⑨ 河回村(ハフェマウル)を歩く(1)

31

 

河回村(ハフェマウル)と言えば歴史と文化の街、安東の代表格的な場所。

2010年に世界遺産としても登録されました。

 

昔の貴族的階級である両班(ヤンバン)の豊山・柳氏が600年あまり暮らした村で

現在もその子孫達が昔ながらの家を守りながら暮らしています。

韓流に詳しい方はご存じかと思いますが

俳優リュ・シウォンさんの実家があることで有名ですね。

 

 

敷地へと向かう入口の門をくぐると

32

 

 

まずは入村料を払います。

 

33

34

 

大人3000w(300円)/学生1500w(150円)/子供1000w(100円)

この入村料が建物の維持費にあたるそうです。

 

 

35

 

村までは少し歩かねばならず専用のバスで移動します。

バスに乗るとあっと言う間。

歩くとちょっとある…そんな距離です。 

 

 

36

 

まずは日本語解説士さんから村の地図を見ながら

今日、巡るコースの説明を受けます。

 

雨あがりの朝一番(9時)とあって

どうやらワタシ達のツアーが一番乗りらしい。

 

「皆さん、ほんとラッキー」ですと。

 

322

 

人気の観光地なので、普段なら人で賑わうところもワタシ達だけ。

タイムスリップしたかのよう。

 

 

実はワタシ今回のツアーで、ここを一番の楽しみにしていたんですー。

一度、昔ながらの韓屋(ハノク)が建ち並ぶこの村の写真を見て

行きたい、行きたいと恋焦がれていた場所。

 

雰囲気を楽しみながら歩くことができてほんと幸せ^^

 

両班気分で歩を進めていくと立派な門のある家に。

こちらはこの村で一番大きな家だそう。

 

 

 

317

 

維持のため中には入れなかったのですが

昔、ペ・ヨンジュさんも泊まったことがあるそうですよ。

 

318

 

正面に見えるのは和敬堂と呼ばれ家の主人が生活した場所。

この裏側に母屋があるのですが、そこは見れず。

 

 

右側にあるのが北村幽居と呼ばれる大きな別棟。

 

319

 

ここは家の長老である祖父が生活していた場所だそう。

時に外賓の接客にも使われたらしく

この河回村の主山である花山・芙蓉台など名風景をひと目で観賞できるのだとか。

 

いつか中に入って見てみたいーー。

 

北村宅

慶尚北道 安東市 豊川面北村ギル7
tel 054-853-2110

 

 

さてさて先に進みましょー♪

なかなか目にすることのない場面にも遭遇します。

 

321

 

茅葺屋根を修復しているところとか

 

 

 

312

 

伝統家屋と近代車。

 

こういうのがまた面白いのです^^

 

さてちょっと長くなってきたので一度休憩を。笑。

河回村まだまだ続きます~

 

 

安東河回村(하회마을)

慶尚北道 安東市 豊川面 河回里
경상북도 안동시 풍천면 하회리

tel 054-852-3588(河回村観光案内所)
open 4月-9月  9:00-19:00/10月-3月 9:00-18:00

 

 

-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/

 

 

|
|

« 慶尚北道FAMツアー⑧ 安東駅に立ち寄って | トップページ | 慶尚北道FAMツアー⑩ 河回村(ハフェハウル)を歩く(2) »

2016 慶尚北道FAMツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527866/64220738

この記事へのトラックバック一覧です: 慶尚北道FAMツアー⑨ 河回村(ハフェマウル)を歩く(1):

« 慶尚北道FAMツアー⑧ 安東駅に立ち寄って | トップページ | 慶尚北道FAMツアー⑩ 河回村(ハフェハウル)を歩く(2) »