« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

韓国文化観光の夕べ

036

 

春はあけぼの。楽しいイベントが続きます!

あ、『あけぼの』だからと言って早朝イベントではありません(^^;

ただ使ってみたかっただけです。。。

 

さてさて記事が前後してしまいましたが9日、韓国文化院ハンマダンホールで

韓国観光公社さん主催『韓国文化観光の夕べ』というイベントが催されました。

 

2013年は釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶尚南道(キョンサンナムド)訪問の年!

 

だそうで、その記念に観光の魅力や韓国の文化をたっぷり紹介して頂けるという嬉しいイベント^^

 

イベントの1部に登場されたのはナント!チ・ジニさん!

23

21  

 

現在放送中 、トンイの王様ですよぉー。ちょな~~(爆)

 

チ・ジニさんは素晴らしい俳優さんであると同時に

故宮の広報大使など観光の分野でも幅広く活躍されています。

 

今回は趣味のカメラを片手に旅された模様などパネルを使って紹介されました!

 

22

 

チ・ジニさんおすすめ観光スポットは慶州の良洞村(ヤンドンマウル)

 

122  

朝鮮時代の伝統文化や家並みがそのまま残っていて、その時代にタイムスリップしたような気持ちになる美しい村だそうです。(2010年にユネスコ世界遺産に登録されています。)

 

他にも旅に出たら必ず『市場』を覗かれるそうで、そこでの心構えなど楽しいお話が続きました。

私もチ・ジニさんご教授の方法で今度は市場を散策したいと思います!

いやはや、素敵なお方でした^^

 

 

そして2部は『貞洞劇場(チョントンクッチャン』の特別公演!

027_2

 

貞洞劇場はソウル市庁と慶州世界文化エキスポにある韓国を代表する公演団。

今回特別のプログラムが組まれ楽器や舞の伝統芸能を披露されました。

 

034
Page012_2

 

 

実はワタシ、こういう伝統芸能の舞台を見るのは初めて!

最初から最後までずーーと引き込まれてしましました。中でも5つの太鼓を使っての舞は圧巻!素晴らしかったです!

 

019  

 

ああ、充実した時間でした。

次は是非、現地で観劇したいと思います!

 

貞洞劇場の公式サイトはコチラ(←click here)

 

 

そしてイベントの最後にチ・ジニさんサイン入りDVDや航空券が当たる抽選会も♪

039_3

 

いいなー、いいなーと指をくわえていたらワタシ。なんと!

釜山タワーやシティーツアーの乗車券が当たりました\(^^@)/

 

124_2 

 

ありがとうございます!

お正月とクリスマス、誕生日が一気にやってきた気分~♪わーい♪

釜山行かなきゃっ!

 

 

私と同じように思われた方が多かったのか会場を出ると資料の前には人だかり!

051_2

 

今年は釜山、蔚山、慶尚南道が熱くなりそうですね^^

 

楽しかったー、いや楽しみすぎたイベントでしたー♪

参加させて頂きありがとうございました!

 

韓国観光公社さん公式サイトはコチラ(←click here)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画 『李藝(りげい)』 完成披露試写会

116

 

昨日、韓国文化院ハンマダンホールで映画『李藝(りげい)最初の朝鮮通信使』の完成披露試写会が行われました!

 

嬉しい。

 

昨年夏、韓国大使館第3期SNSリポーター達と一緒に辿った朝鮮通信使の道。

あの時はまだ全く形として無かったものがこうして一つの作品になるなんて、ただただ感動です。

 

600年前、朝鮮通信使が辿ったソウルから釜山までの道をSNSリポーター達が

そして釜山を出航し対馬から京都までの道をユン・テヨン氏が歩んでいきます。

過去と現在。

李藝の生涯が重なり、そして様々な日韓の人々の想いが重なり

未来へとつながるとても深いドキュメンタリー。

 

72分という上映時間があっと言う間でした。

沢山の方に観てもらいたいなー。

 

 

個人的な感想を言うと、、、

あの暑くてヘロヘロになった夏の思い出が蘇る、蘇る(爆)

そしてリポーターが登場する度に『おお』『わあ』『きゃー』と心の中で大騒ぎ。

身内がデビューした気分でした(^^;

改めていい旅だったなぁと、しんみりしたりして。

こういう旅の機会がもっともっと色んなところで増えて欲しいものです^^

 

 

そしてこちらは上映後に行われた舞台挨拶。

113_2

左から乾弘明監督、ナビゲーターのユン・テヨン氏、ナレーターの小宮悦子さん。

この3人のトークがとても楽しく。

個人情報になるのでココでは控えます(笑)

 

119_2

120_2

 

 

 

そして花束贈呈に登壇されたのは中村玉緒さん!

114

中村玉緒さんは瀬戸内海において朝鮮通信使の水先案内役を務めた村上水軍がテーマの映画「瀬戸内海賊物語」(来年公開予定)に出演されるそうです。

玉緒さんのトークがまた楽しく会場が笑いの渦になりました。

 

121_2

 

 

日本、韓国、双方から沢山の方がお祝いに駆けつけられ会場は超満員。

112_2

李藝の18代目子孫イ・ビョンジクさんの姿も^^

 

 

 

6月1日公開(予定)なので是非、是非、劇場でご覧下さい!

私も今度は落ち着いて見ます(^^;;;

 

 

『李藝』公式サイトはコチラ(←click here)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

憧れのラザニア DEAN&DELUCA

02

 

今日はとても楽しいイベントに行ってきました~♪

今スグ紹介したいのですが、、、

先ほど戻ったところ。

ちょっと待って下さいね。写真整理します!

 

と、言うわけで帰りに買ってきた憧れのラザニアを紹介しちゃいましょ。

DEAN&DELUCA の ラザニア~~~~です^^

 

04

 

憧れって大げさな。。。

って思われるかもしれませんが

どうですか?

この何層にもなった立派なラザニア!

高さ10cmはあるかな。

自分で作るとこんなに積み上げられないでしょー。

 

前を通るたびにいつも釘付け!笑。

でもなかなか買うチャンスがなくてね。

やっと買えました~~\(^^)/

 

01

 

10cm角ぐらいかな。そんな大きくはないのですが

これだけ高さがあるとボリューム満点!

でも、しつこくなく旨味がぎゅーーーーーーーと詰まった感じ。

 

あああ~こんな時間なのに完食しちゃったよ。

あああ~そして眠い。。。

あああ~このまま寝たら豚を通り越して牛になる、、、

あああぁぁぁあああ。。。

 

嘆くワタシはどうぞ無視して~

是非、食べてみてみてみてねん♪

 

・・・気付けば2日連続ラザニアネタ ^^;;;;;

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Trattoria e Bar SINKI ラザニアランチ

03_2  

またまたご無沙汰してしまいました。。。

もちろん元気ですよーー(^^)v

いやはや…はやはや。。。今年はどーなってんだか。

ふと気付くと、もう日付が変わっているのです TT TT TT

ふぅ。でも今週は楽しいイベントがいっぱいあるので頑張りますぞー!

 

と、意気込んだところで。

先日、ランチに行った Trattoria e Bar SINKI (シンキ)のご紹介を♪

 

吉祥寺の有名店、メンチカツのサトウのスグ近くにあるお店です。

サトウの行列に並ばれた事があれば見た事があるんじゃないかな?

011

あーー!見たことあるー!けど…どこだっけ?

って思われた方~~~

はい。サトウの前にあるタバコ屋さんの横のビル!

何故か目立たない場所なんですよね(^^;;;

 

このお店、かなり穴場^^

食材もこだわりが多く、パンやデザートも全て手作り!

PagePage1_2

 

なによりとても落ち着ける雰囲気なので是非っ!

お値段もランチ900円~とかなりリーズナブル。

ワタシはこの日、ランチワインにドルチェをつけて1500円♪

いやーー大満足でした。

 

09  

Torattoria e Bar SINKI (シンキ)

武蔵野市吉祥寺本町1-8-2 浅野ビルB1F
tel 0422-20-6836

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いろいろありましたが…元気です!

014_2

4月です!皆さんお元気ですか?

って…ワタシですね(^^;;;

全くもって元気いっぱい!

いやはや…ずーーーと更新できなかったのは

前兆が一切なくパソコンが壊れ TT TT TT

また壊れた時期が悪かった。。。

確定申告前。

おまけに一年で一番仕事が立て込む時期でして、、、

 

もうしっちゃかめっちゃかな3月。

無事、新しい期を迎えることができて本当に良かった。ほっ。

 

ま、その間も、あんな物やこんな物を食べ

あんな人こんな人に会い

あんな所こんな所へ出かけ

それなりに楽しく過ごしてはいたのですが、、、

 

PageCats_212_211

 

 

そんなこんなで、、、

今日から気持ち新たに頑張りますぅ~~~

どうぞよろしく!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »