慶尚北道FAMツアー㉑ チュオタンで打ち上げ!

000000009
 
 
 
あっと言う間の2泊3日。
 
全ての日程が終了しました。
 
 
日本全国から集まったブロガーの皆さん。
 
初めての方もいたのですが
 
よく笑ったツアーになりました。
 
皆、面白すぎるwww
 
 
 
 
最後は地元の人で賑わうチュオンタン(どじょう汁)のお店で
 
ランチ打ち上げ!
 
 
 
000000002    
 
 
普通の家に半信半疑で入っていきます。
 
本当にお店???
 
 
 
びっくり。
 
ちょうどお昼どきとあって中は地元の人で賑わっいました!
 
 
0000000018
 
 
こちらはメニュー。
 
 
0000000016
 
昔ながらの竈で作られるチュオタン。
 
 
000000004   
 
 
清道のチュオタンは他の川魚と一緒に煮込むそう。
 
すると臭みが抜け、深い味わいになるのだとか。
 
 
 
 
パンチャン(おかず)がまた美味ー。
 
 
 
000000005  
 
 
 
この餃子(マンドゥ)、あっと言う間に無くなったよ^^
 
 
 
 
000000006
 
 
 
 
打ち上げとあってビールもすすみます。
 
皆で乾杯!
 
 
 
 
000000008
 
 
そしてお待ちかねのチュオタン登場!
 
 
0000000019
 
 
チュオタンは栄養価が高く滋養強壮によく
 
疲れが飛んでいきます。
 
 
 
うん。いい出汁出てるーー。
 
 
 
 
0000000011
 
 
 
韓国ではチュオタンに
 
山椒、エゴマの粉をたっぷり入れて食べるそう。
 
 
 
 
試してみると確かに!
 
味がさらに深くなります。
 
山椒がまたいいね。
 
 
 
0000000012
 
 
ごはんとの相性もバッチリ。
 
 
素朴だけど、この味、いいわ。
 
最後の最後までスープ飲んじゃった。
 
 
 
あ、そだ。
 
地元マッコリも出てきましたー。
 
 
 
0000000013  
 
 
またまた乾杯ーーー!!!
 
 
 
0000000015
 
 
 
沢山の貴重な経験。
 
楽しい思い出ばかりです。
 
 
 
この旅で出会った全ての方に感謝でいっぱい。
 
そして一緒に旅をした皆も。
 
きっとまたどこかで会えるはず。
 
お疲れさまでした。そしてありがとうございました!
 
 
 
 
000000001
 
 
ファントチュオタン(황토추어탕)

慶尚北道 清道郡 清道邑 高樹里317
경상북도 청도군 청도읍 고수히317

tel   054-373-7877
 
 
   
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑳ 清道(チョンド)柿ワイントンネル

003_2
 
 
ほのぼの闘牛を観た後、向かった先がこちらの柿ワイントンネル!
 
この辺りは柿の産地。
 
この山全体が柿の木だと思うほど、ずーーと柿の並木。
 
 
001_2
 
 
この柿は全て渋柿。
 
 
 
この清道(チョンド)柿を使ったワインの製造会社が
 
運営するワイン蔵がこのワイントンネル!
 
 
004
 
 
廃線になったトンネルが使われています。
 
中に入るとヒンヤリ~
 
蒸し暑かったから気持ちいい~~
 
 
005_2   
 
 
壁一面にワインボトル^^
 
 
006_2
 
 
柿ワインを楽しむスペースもありますよ^^
 
 
0010_2
 
0011
 
 
ここでゆったり一杯といきたかったのですが
 
とりあえず、まずはトンネルを見学。
 
 
帰りにゆっくりとね^^
 
 
 
もちろん柿ワインの販売もありますー。
 
 
008
 
 
 
奥へと進んで行くと
 
 
 
0013
 
 
樽が。
 
ここで寝かしているそうです。
 
 
 
0019
 
 
この地域の高校卒業生が預けているものも。
 
2017年5月に解禁みたいですね^^
 
行こうかなw
 
 
 
ここを過ぎると有料のアート空間に。
 
LEDを使って色々なオブジェやアートを楽しむことができます。
 
 
0022_2  
 
 
トンネルを活かしていて面白いですね^^
 
 
0024
 
0017
 
 
さー、では戻って柿ワインを楽しみましょー♪
 
と、思ったら…時間がなくTT
 
 
柿ワインはバスで、、、
 
 
 
0023
 
 
甘いのかなぁ?と想像していたのですが
 
どちらかと言うと渋みがある薬酒っぽい感じのするワインでした。
 
 
 
常温だったので、冷やすとまた違う味わいがあるかも。
 
今度はトンネルの中でまったりしてみたいなぁ~~
 
 
 
0018
 
 
清道ワイントンネル(청도와인터널)

慶尚北道 清道郡 華陽邑 松金キル100
경상북도 청도군 화양읍 송금길100

tel  054-371-1904

 

open  年中無休
平日 9:30-20:00
土日 9:30-21:00
元旦・秋夕は13:00〜
 
 
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑲ 清道(チョンド)で闘牛を観戦す!

04
 
 
さて最終日。
 
聞慶(ムンギョン)からバスで約2時間、清道(チョンド)へ移動です。
 
 
019 
                          (地図:ウィキペディアより) 
 
 
 
清道(チョンド)郡ってどういうどこなのかと一言で言うと
 
ワタシが感じたのは「茨城」みたいなところ。
 
どこが?と言われると、なんとなく…なんですけどね^^;;;
 
闘牛と柿が有名らしいです。
 
 
 
 
到着して早速、闘牛場へ!
 
 
01
 
 
え、えらく近代的な闘牛場!!!
 
 
と、思ったらちょっと間違えてスグ近くの闘牛テーマパークに着いちゃった。笑。
 
中には入らなかったのですが、色んな牛のオブジェが並んでいました^^
 
 
02_2
 
03
 
 
さて、移動移動。
 
闘牛が始まっちゃう~~~
 
 
 
 
 
 
017_2
 
 
闘牛場の前で無事、解説士の先生と合流。
 
 
05_2
 
 
さ、中へと入っていきます!
 
 
07_2
 
 
競馬と同じで1000wから賭けることができるそう。
 
 
 
08
 
 
 
くるりと囲むように座席が配置されています。
 
 
09
 
 
審判と言うのかな。
 
まず入場。
 
 
そして牛達も。
 
 
010
 
 
さー、始まりますよー!!!
 
 
ガシっ!ドーン、ガシッ!
 
激しいぶつかり合い。
 
ガシっ!ガシッ!
 
 
と、思っていたのですが、、、
 
 
012_3
 
 
あれ、なんだか様子が。。。
 
 
014_2
 
 
013_2
 
 
ん?スリスリしてる?
 
 
恋人?!
 
 
とにかく闘う気なし。爆。
 
 
 
 
016_2
 
 
困るは人間。。。
 
一応、1ゲームって言うのかな。
 
30分間、闘って勝者を決めるのですが…
 
ずっとこんな感じ( ´艸`)
 
 
ある意味、貴重な闘牛が観れたかもー。
 
 
ちなみにこの勝負は引き分けだったそうです。
 
 
 
018
 
 
清道闘牛競技場(청도소씨움경기장)

慶尚北道 清道郡 華陽邑 三新里693-2
경상북도 청도군 화영읍 삼신리693-2

tel  054-370-7500
open  11:00-17:00(年中無休 試合は土日のみ)
 
 
 
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑱ 聞慶観光ホテルと周辺散策

0005
 
 
 
聞慶(ムンギョン)でのお宿は聞慶観光ホテル。
 
聞慶セジェにもとても近い場所にあります。
 
 
 
 
0003
 
 
 
広々としたロビーを通りまずはチェックイン。
 
 
ツインのお部屋はこんな感じです。
 
 
 
0002
 
0004
 
0001
 
 
 
 
さて、部屋に荷物を置いてホテル周辺を散策することに♪
 
 
一番の観光地とあってちょっと「街」になっていました^^
 
 
 
 
 
0007
 
 
 
周りは山なのになんだか不思議な感じ。
 
 
ほらほらスタバまで。笑。
 
 
 
00011
 
 
ゆーるく収集しているタンブラー。
 
もしかしたら聞慶バージョンがあるかも!
 
と、入ってみたのですが、それは無かったです。
 
 
この周辺を歩いているとやはり目につくのは五味子系のもの。
 
 
0008
 
00010
 
 
 
で、見つけちゃったよー。
 
五味子マッコリ♪
 
 
00021
 
 
 
00019
 
 
真剣に選んでおります。笑。
 
 
そしてゲト。 
 
 
 
00016  
 
昔からある左の聞慶マッコリも買っちゃったwww
 
 
 
他に、食事をするところ、特にお肉系が多かった!
 
や、お土産屋さんなどもあるのでふらりと歩くと楽しいかもー。
 
 
 
 
 
 
0009
 
 
 
24時間営業の地元コンビニもありました。
 
 
あと、ビックリしたのがソルビンまでも。笑。
 
 
00012
 
 
ここは食事の後、皆で立ち寄りましたー。
 
 
00017
 
00018
 
 
 
 
シェアシェア♪
 
 
やっとメロンピンスも食べれた~~
 
 
00020  
 
 
楽しい一日も終了。
 
 
あ、もちろん同室のtakatoroさんとの反省会は欠かしませんw
 
 
00022 
 
 
 
ぐっすり寝た翌日。
 
ホテルの朝食。
 
干したらスープ♪ 好きなんです^^
 
 
 
00014
 
00013
 
 
最近、どこもホテルはビュッフェが主流なので
 
こういう韓式の朝ごはんは嬉しいなぁ~
 
 
 
セジェに向かうのか山登りのような恰好をしている人達が多かったですね。
 
 
 
 
 
0006
 
聞慶観光ホテル( 문경관광호텔)

慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ2キル32-11
경상북도 문경시 문경읍 새재2길32-11

054-571-8001
in 14:00 out 12:00
 
 
 

 

 

-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑰ 薬石(ヤクドル)豚の焼肉

003  
 
 
ツアー二日目の日程も終了。
 
この日の夕食は聞慶(ムンギョン)だけで飼育されている
 
薬石(ヤクドル약골)豚の焼肉です^^
 
 
 
薬石豚とは色々なミネラル成分を含んだペグマタイト(薬石)を入れた
 
飼料で育てた豚のこと。肉質が良くさっぱりした口当たりが特徴です。
 
 
 
まずは乾杯~~
 
 
 
 
006
 
 
 
 
そしてジュージュージュー焼いては食べ焼いては食べ
 
止まりません。笑。
 
 
脂身が少なくさっぱりしているからか、
 
いくらでも食べれちゃう。危険だーーww
 
 
 
005
 
 
 
 
沢山の野菜も一緒に♪
 
 
安東(アンドン)も聞慶(ムンギョン)も思うのですが
 
こういうパンチャン(おかず)の味付けがとても美味。
 
 
慶尚北道は優しい味付けのようですねー。
 
 
 
007  
 
 
聞慶と言えば五味子。
 
ちょっとわかりづらいのですが、うっすらと赤い五味子マッコリ登場です!
 
 
そしてこのマッコリは
 
009  
 
 
高麗人参入り!
 
薬石豚に人参、元気になりそ^^
 
 
0010  
 
 
このテンジャン(味噌)チゲもおいしかった~~
 
 
ふぅー、お腹いっぱい。
 
大満足でした!!!
 
 
001
 
 
ハチョドン(하초동)  慶尚北道ベストレストラン指定店
慶尚北道 聞慶邑 下草里268-11
경상북도 문경시 문경읍 하초리268-11

tel  054-571-7977
 
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑯ 聞慶の五味子ワイナリー「オミナラ」

018

 

聞慶(ムンギョン)は五味子(オミジャ)の産地として有名なところ。

 

五味子とは甘味・酸味・辛味・苦味・塩味の五つの味を持つ実。

ビタミンCが豊富で咳をおさえたり血液をサラサラにする効能などもあり

美容・健康に良いとされています。

伝統茶で飲まれた方も多いのでは?!

体調により味が変化するそうですよ。

苦味・・・心臓の機能が低下しており、貧血気味で栄養たっぷりの血液が不足
甘味・・・脾臓の機能が低下しており、老廃物がたまっている
酸味・・・ストレスがたまっている
塩味・・・下半身が冷えている
辛味・・・気管支が弱っていて、体のエネルギーが不足 

 

この五味子を使ってワインを作っているオミナラ(오미나라)ワイナリーに

行ってきました!

 

02

 

まず最初にワイナリーの前にある五味子畑を見学。 

初めてです!生の実を見たのは!

 

022  

オミナラの李社長。

30年程、ビール、ワインと様々なお酒の研究をし

この五味子ワインの醸造に成功されたそう。

 

無農薬で作っているので実をそのまま食べていいよと。

一粒、食べたのですが…

 

す、す、酸っぱ苦くまずい^^;;;

 

なんでも生だと鳥達もまずくて食べないそう。爆。

 

 

次に中へ入り醸造過程を見学します。

 

通常のぶどうは3週間あまりで発酵するのですが

酸味の強い五味子は1年半かかるそう。

 

 

05

 

そして二次発酵へ。

市場に出せるまでには3年あまりもかかるのだとか。

 

 

こちらはスパークリングワイン「オミロゼ」の貯蔵庫。

 

011_2

 

ボトルを下に向け「澱(おり)」をため、そして取り除く。

 

07

 

この作業全てが手作業。

時間、労力、技がかかっています。

 

光栄なことにこの「オミロゼ」を試飲させて頂きました!

 

015

 

李社長が一人一人に心をこめて

 

013

 

色が綺麗ー。

ほのかに爽やかな五味子の香りがしますね。

苦みと酸味のバランスがよくとてもサッパリしています。

 

 

016

 

 

そして他のワインも試飲できると聞き

 

 

017

 

ロゼワインを。

 

試飲したのは、ワイン好き、あっちゃんとワタシ。

バスの中からとても楽しみにしていた二人なのです。笑。

 

こちらは少し苦みを感じます。

ロゼですが深い味わい。

 

 

とても貴重なワインを堪能させて頂きました。

 

 

スパークリング「オミロゼ」を買って帰ろうと思ったのですが

一度に沢山作ることができず、韓国の酒税法により

 

1本 99000w (9900円ほど)という高価なワイン。

ロゼワインは 35000w(3500円ほど)

 

 

今回は涙をのみましたTT

 

012_2

 

こちらのBarのような雰囲気ある空間で有料になりますが

全てのワインを試飲できます。

 

 

021_2      

 

貴重な五味子ワイン。

聞慶に訪れた際は是非一度いかがでしょうか^^

 

020_2    

 

オミナラ(오미나라)

慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 陳安里83
경상북도 문경시 문경읍 진안리83

tel    054-572-0601
open  9:00-18:00(休館日 月曜 秋夕)

 

 

 

 

-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑮ 加恩オープンセット場で役者の本領発揮

71
 
 
 
レールバイクで自然を満喫した後、
 
向かった先は加恩(カウン)SBSオープンセット場。
 
 
 
炭鉱の廃石を利用して作られた場所で
様々なドラマのセットが組まれています。
 
 
 
こんなかわいいモノレールに乗って行きますよー^^
 
 
73   
 
 
 
 
到着するとバーーンと。
 
 
 
74
 
 
おおお、っと言いながら見ていないドラマなのですが
 
皆、記念撮影は欠かせません^^
 
 
 
進むとまず現れるのは第一セットの高句麗宮。
 
 
75
 
 
幻の王女チャミョンゴの撮影があったそう。
 
 
 
 
 
この広場にあったのが…
 
よく史劇で登場する拷問セット。
 
 
717
 
 
 
 
お許し下さい~チョナ(王様)~~~
 
 
 
 
718
 
 
 
ツアーメンバー、役者揃いです(≧∇≦)
 
 
撮影をしていない時は人もあまりいないので、
 
ここ、遊べますよ。皆さん!w
 
 
 
 
さてさて先に進みます。
 
 
この広場を抜けると両班が暮らしている村へ。
 
 
77
 
 
雰囲気ありますねー。
 
 
 
 
78
 
 
 
そしてここから10分くらい歩いて第二セット場へ。
 
 
 
79_2
 
安市城(アンシソン)
 
 
ここ、何かで見たことがあるのですが…何だろ^^;;;
 
帰ってから調べると朱蒙(チュモン)かなー。
 
安市城の攻防って、色んなドラマで描かれているみたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
ここからスグのところにあるのが第三セット場。
 
 
712_2
 
 
庶民の集落と遼東城(ヨドンソン)
 
 
この遼東城も様々なドラマに出ているようです。
 
 
 
716   
 
 
 
セットと言えど二重の城壁になっていて本当によくできています。
 
史劇って長いのですが久しぶりに大作を観てみたくなりました^^
 
 
 
加恩オープンセット場 (가운 오픈세트장)
慶尚北道 聞慶市 加恩邑 旺陵里432-5
경상북도 문경시 가은읍 왕능리432-5

tel  054-572-1234
open  9:00-18:00

6000w(入場+モノレール+石炭博物館 )
 
 
 
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑭ レールバイクで聞慶の自然を満喫

66
 
 
 
 
安東(アンドン)から次の目的地、聞慶(ムンギョン)まで バスで約1時間半。
 
 
 
00000001  
                           (地図:ウィキペデアより)
 
 
 
聞慶(ムンギョン)は昔、ソウルから地方を結ぶ峠道のある場所で
 
とても自然豊か。韓国内でも行楽地として人気の高い場所です。
 
現在は全て閉山されましたが石炭の産地として栄えた場所でもあります。
 
 
 
 
 
さてまず到着したのはコチラ。
 
九郎里(クランリ)駅。
 
 
ん、駅???
 
 
 
61
 
 
 
昔、石炭を運ぶために使われた廃線を利用して生まれた
 
レールバイクの駅です^^
 
 
 
 
65
 
 
 
4人1組で線路の上をサイクリング~♪
 
 
 
611
 
 
 
途中、慶尚北道八景の一つ。
 
鎮南橋畔も通ったのですが
 
 
 
67
 
 
 
写真がTT
 
ちょうど雨がパラパラしてきた時で。。。
 
今度は晴れた時に行ってみたいなー。
 
これからの季節は紅葉の中を走れるので最高ですね。
 
 
 
しかしながら、最初はサイクリング気分だったのですが
 
50分ほどこぎ続けるので、レールバイクを降りた時には
 
足ガクガク。爆。
 
 
ここに行く時は、イキのいい若者を是非、供に!www
 
 
 
63
 
 
聞慶レールバイク 九郎里駅(문경 레일바이크 구릉이여)

慶尚北道 聞慶市 麻城面 下乃里262-1
경상북도 문경시 마성면 하네요 262-1

 


tel   054-571-4200 (休み 元旦 旧正月 秋夕)

夏季 3月-9月 9:00-18:00(最終受付 17:00)
冬季10月-2月 10:00-16:00(最終受付 15:00)
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑬ ハンアリ(味噌甕)を眺めながらユッケを食す

51
 
 
お店の中からもずらりと並ぶハンアリ(味噌甕)を見ることができます!
 
さて芙蓉台(プヨンデ)で軽く運動した後は(滝汗でしたがw)
 
昼食です!
 
おなかペコペコ~
 
 
 
向かった先は芙蓉台からバスで10分ほど。
 
同じ河回のテンジャン(味噌)村にあるコチラのお店。
 
 
 
 
515
 
 
ハヌワテンジャン(한우 와 된장)
 
「韓牛と味噌」と言うとてもわかりやすい店名のお店^^
 
安東の特産品も売っているようです。焼酎もありましたよー。
 
 
 
 
ずらりと並ぶハンアリ(味噌甕)を眺めながらの食事。
 
 
56  
 
圧巻ーー^^ 
 
部屋に入るやいなら皆でわーーって声あげながら写真撮影。
 
 
そしてずらりと並ぶパンチャン達も
 
 
57
 
 
もひとつ歓声があがったのがこちら!
 
 
58
 
日本では食べれなくなったユッケ~~
 
新鮮な安東牛が使われて美味(≧m≦)
 
梨と一緒に食べるともうとまりません。
 
 
そして、出ました!
 
513
 
焼き鯖!
 
初日とはまた焼き方が全然違うタイプ。
 
 
どちらかと言うと揚げてあるような感じ。
 
外はカリっ身はふわりと、こちらも美味~~
 
 
514_2
 
 
 
普段、半身を1人で食べることって無いのですがペロリです。
 
今回の旅で鯖ラバーになってしまったかも^^
 
 
 
 
 
あ、お気づきの方います?!
 
 
59_2
 
 
安東生マッコリも登場です!
 
お昼から幸せ~~~
 
 
さー、お腹もいっぱいになったところで
 
次の目的地、聞慶(ムンギョン)に出発です!
 
 
 
 
54


ハヌワテンジャン(한우 와 된장)

慶尚北道 安東市 豊川面 河回里 1053-11
경상북도 안동시 풍천면 하회라 1053-11

tel 054-842-2255
open 10:00-18:00
 
 
 
 
 
 
           
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

慶尚北道FAMツアー⑫ 芙蓉台から見る河回村

46
 
 
河回村の西側にそびえる断崖絶壁。
 
ここが芙蓉台。
 
 
あ、見たことある!と言う方も多いのでは?
 
河回16景のひとつでもある芙蓉台はドラマのロケ地としても
 
有名な場所です。
 
 
こちらにはバスで向かうはずでしたが
 
ちょうど川に渡し舟を発見し、乗り込むことに^^
 
 
47
 
 
 
いいですねー。
 
川を舟で渡る。
 
あっと言う間ですが旅情気分アップ⤴⤴⤴
 
 
48
 
 
対岸に着き、去る舟に別れを告げます。
 
ばいばい~
 
 
49
 
 
そして、芙蓉台への入口へ♪
 
 
 
415  
 
さー、ここから登ります!
 
ふぅー。
 
 
410
 
 
足取り重っ。。。爆。
 
蒸し暑かったので皆、滝汗でした。
 
 
 
が、この景色をみると疲れもどこかへ飛んでいきましたー!!!
 
 
411
 
 
頂上から見る河回村。
 
絶景です!
 
 
ここに立つとぐるっと河に囲まれている村だというのも
よくわかりますね^^
 
 
もう少しお天気が良ければ最高だったのですが
 
それでも忘れられない景色となりました。
 
 
 
 
 
芙蓉台(부용대)
慶尚北道 安東市 豊川面 光徳里16-2
경상북도 안동시 풍천면 광덕리 16-2
 
 
 
 
 
-- 取材協力--
 
(株)コリアトラベル  http://home.koreapr.jp/
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«慶尚北道FAMツアー⑪ 河回村(ハフェハウル)を歩く(3)